タウリンサプリメント

症状が出たら脂肪肝レベル

肝臓は無言の臓器と言われるだけあって、γGTP(ガンマGTP)数値が適正値を少し超えたくらいでは症状が出ないので・・・
体に不調が出た時には脂肪肝レベルという状態になっている人が多いです。

よってお酒を飲む人にとって健康診断で出る肝臓の数値γGTP(ガンマGTP)の判定は
自分の肝臓の状態を知る上で非常に大切な情報になります。
では、γGTP(ガンマGTP)の数値が適正値を超えたら酒絶ちするしかないのでしょうか?


即!酒絶ち・・なかなか難しいですよね。


そこで酒断ちや薬での治療をせずともγGTP(ガンマGTP)の数値を下げることができればと思っている人におすすめなのがγGTPの数値を下げるサプリメントとして期待できるオルニチンサプリメントとタウリンサプリメントです。
そこで、オルニチンサプリメントとタウリンサプリメントそれぞれの実力を見ていきましょう!

γ-GTP数値を下げる【オルニチン】の実力

【オルニチン】にはアルコールによる肝臓の疲労を緩和する効果が期待できます。
これは【オルニチン】が肝臓が行う解毒作用【アンモニアを解毒するオルニチンサイクル】を活性化することで肝臓細胞の劣化を食い止めるからです。

これらを証明するように肝臓の疲労が原因でおこる二日酔いですがオルニチンを摂取すれることでオルニチンサイクルの乱れからくる脳のエネルギー不足がおこらず、二日酔いの症状がでにくいのです。

γ-GTP数値を下げる【タウリン】の実力

タウリンには肝機能の働きを高める作用があります

・胆汁の原料であるタウリンの摂取により脂肪分解を促進し
肝臓の負荷を軽減。
・酵素の分解を助けるタウリンによりアルコールの分解を行う肝臓への負荷を軽減。
・中性脂肪を肝臓の外に排出する働きがありコレステロール値が減少します。


タウリンを摂取するとγ-GTPの値も減少させながらコレステロール値も減少するので脂肪肝予防にもなります。


あなたは【タウリン】と【オルニチン】どちらを選びますか?

オルニチン・タウリンも肝機能を改善することが期待できる成分です。
ではあなたの肝臓をより元気にするのはタウリン・オルニチンのどちらでしょうか?


あなたの肝臓を弱くしている原因によって成分を選択しましょう






>タウリンサプリの詳細はこちら<      >オルニチンサプリの詳細はこちら<


γーGTPの数値を下げるために必要なこと

肝臓健康を表す数値はALT(GPT),AST(GOT),γーGTPの数値があります。
特にγーGTPはアルコールや過剰な脂肪摂取によって反応しやすい数値なのでアルコール摂取量が気になる人や肥満気味の人が異常値になるケースが多いです。

ところで、γーGTP高いということは、具体的に肝臓で何が起こっている数値かご存じですか?
数値は肝臓の損傷度合をあらわしているためγーGTPの数値が高いほど多く肝臓細胞が多く破壊されているということになり、破壊が進むとまずは脂肪肝になることになります。

ただ、壊れた肝臓細胞は再生することが可能です。
再生するためにも、肝臓を構成する良質なタンパク質を体に取り込んで補う必要があります。
これにより、肝臓が再生されることで肝臓細胞の損傷が減り肝機能改善の結果としてγーGTPの数値が下がるのです。

しかし、この良質なたんぱく質の中には体内では合成できない必須アミノ酸が含まれています。
だから肝臓細胞を再生するには、必須アミノ酸を多く含む食品を食べることで体内に取り込む必要があるのです。

そこで、最近注目されている食材が【しじみ】なのです。

酒が肝臓の数値を悪くする理由

お酒は、少量なら体に良いとされていますが、適量を超えると体に悪いと言われています。
それでは、肝臓に負担のかからない飲酒の量はどれくらいでしょうか?
答えは1日のアルコール摂取の適量は2単位です。
単位って??と思われたらこちらを参考にしてください。

[1単位]
ビール・・633ml
清酒・・・180ml
ワイン・・240ml
イスキー水割り60ml
焼酎お湯割り110ml

1日2単位なので上記×2までなら肝臓へのアルコール負担が適用内ということになります。

増えているアルコール性肝機能障害

健康志向が高まり、糖質0・プリン体0のようなビールが人気を呼んでいる今日この頃ですが、アルコールの消費の増加に比例するようにアルコール性肝障害は増えています。

これは、アルコールの摂取が続くことで、肝臓でのアルコール分解がおいつかなくなることで起こる病気です。

そして、この病気は悪化すると肝硬変さらに肝臓がんに至るリスクが増えるのです。
しかも厄介なことにアルコールがもつ依存性が酒断ちを困難にさせる場合さえあるのです。
医者がこのまま酒を飲み続けると肝硬変になる可能性があると言われても、アルコール依存症にかかっている人または、その傾向がある人にとっては、なるかもしれない病気よりアルコール摂取での満足感を脳が選択してしまうのです。

アルコール性肝障害にも種類があり、【アルコール性脂肪肝】【アルコール性肝線維症】【アルコール性肝炎】【アルコール性肝硬変】これすべてアルコールが原因で起こる肝臓機能障害です。

アルコール性肝機能障害の治療の第一歩は禁酒からになります。
禁酒をするだけで肝臓の数値は回復してきます。
よってアルコール依存性を発症している方は肝臓の治療だけでなく依存の治療も同時に行うことが有効な治療方法です。

肝臓と疲れの関係

肝臓はエネルギーの生産と有害物質の解毒というとても大切な働きをしています。

肝臓では脳で使う「糖」や「ケトン体」のエネルギーを生産しています。しかし,アルコールに含まれるアセトアルデヒドがこの生産を妨げるため,脳はエネルギー不足となり疲れを感じるのです。お酒を飲んだ翌日の眠気やだるさ,頭が重く感じるのは脳のエネルギー不足によるものです。

また,アセトアルデヒドや小麦や大豆など様々な食品に含まれるアンモニアといった有害物質の解毒も生産されたエネルギーによって処理されています。エネルギー不足の肝臓ではこれらの有害物質の解毒ができず,全身に回った有害物質によって細胞が傷つけられ疲れを感じてしまうのです。

このようなことからも肝臓の回復のためにも休肝日や肝臓にいい食べ物を摂取し肝臓に悪い食べ物を避ける必要と言われているのです。

また、一日の疲れを取りたくて風呂にゆっくりつかることが好きな方もいるでしょうが入浴方法などにも気をつけつ必要があります。

さらに、肝臓機能の回復には運動が良いとされていますが、運動する時間や激しい運動は肝臓をかえって疲れさせてしまいます。
肝臓に負担のかからない運動と運動時間を知って行うことも大事です。

肝臓の主な3つの働き

健康な肝臓の働きは大きく3つにわかれています。

【栄養の代謝】

食べ物は胃で消化され、体に必要な栄養分のみ小腸で吸収され肝臓に運ばれます。
運ばれてきた栄養は、そのままの形では使うことができませんので、肝臓で必要に応じた形に成形され(この過程を代謝といいます)、臓器の材料になったり、エネルギーとして消費されたり、細胞の材料になったりしと様々な形に変わり、血液にのって各部署の運ばれていきます。
例えば、糖質脂肪のように肝臓が分解できる限界値を摂取してしまうと肝臓に蓄積される状態になります。
これが、悪化していくと脂肪肝という肝臓が脂肪に覆われていく状態になります。

【解毒作用】

解毒作用と言えば、アルコールを思い浮かべる人が多いでしょうが、アルコールだけでなく、などの化合物、食品に使われている、添加物などを分解し、無毒化するのが肝臓の役割です。


【胆汁の生成】
消化、吸収に欠かせない胆汁を作るのも肝臓の重要な役割です。



見逃してはいけない!肝臓病のサイン

年中無休で働き続ける肝臓は、働き物の上に文句ひとつ言わず、限界まで頑張ります。
だから、何等かの症状が出た時点で肝臓の数値は悪くなっていると考えます。

しかし、肝臓からわずかに出るサインを見逃してしまうと、脂肪肝肝硬変になりかねません。
以下の症状が出た時は、肝臓かも?と立ち止まり、血液検査又は肝機能に特化した肝機能検査を受けるだけで、手遅れの状態を回避できる可能性が高まります。

・風邪に似た症状が続く
・朝一の尿が紅茶のような濃い茶色をしている
・お酒が飲みたくなくなった
・油ものを食べたくなくなった
・体重が減った
・急に痔になった
・不眠気味

特にウィルス性肝炎は急性のものが多いため上記のような症状が出たらすぐに病院に行きましょう。

肝機能改善のために

肝臓の数値が非常に悪い場合は肝機能を改善するために必要なのは生活習慣の見直しです。

【食生活】

肝臓を守る食品を知り肝臓に良くない食品を避けるよう毎日のことだからこそ食事には注意が必要です。

又、非常に肝臓の数値が高く症状が悪化してくるとタンパク質を積極的に摂る必要があります。

【アルコールと喫煙】


嗜好品とされるもので体に害をもたらす代表とも言うべきアルコールとタバコですが限度とする量を知る必要があります。
中でもアルコールからきている脂肪肝の人は禁酒するだけで改善され、快復後もアルコールの量を制限するだけで脂肪肝の予防になります。


【ストレス】


肝機能回復に必要なのが安静です。
横になっているだけでも肝臓の血流が良くなり肝臓の負荷を軽くするとさえ言われます。
よって、ストレスがかかると血圧が上昇し肝臓に負荷がかかるためストレスを溜めないことも重要になってきます。

【便秘】


便秘が肝臓に負荷をかけているということを知っている人は少ないと思いますが、便秘による腸内の有害物質の解毒が肝臓に負荷をかけていきます。
肝機能が悪化し入院レベルになると便秘対策を薬で行うほど便秘は肝臓に負荷を与えるようです。


ここまでくると危険レベル

肝臓機能の低下に伴い、症状が如実に現れます。
以下の自覚症状が出るとかなり肝臓が悪化していると考えられます。
今すぐ病院にいきましょう。
もちろん、アルコールは即STOP!禁酒です。

・白目が黄色になってくる(黄疸)
・肌や爪が黄色になってくる(黄疸)
・胸・腕・首にクモのような血管の浮き上がりが出る
・腹部に青筋ができる
・足のむくみ(押しても戻らないほどむくみがひどくなる)
・足の痙攣・こむらがえり
・手の平のふくらんだ部分が妙に赤い
・男性なのに胸がふくらんできた

酒が原因ではない肝炎に注意

肝臓を悪くしている人の多くが酒が原因だと思っている方が多いようですが、実はウィルスによる感染によって肝炎になっている人の方が多いのです。

特に、B型・C型の肝炎は肝硬変や肝臓がんのリスクを高めるウィルスですので注意が必要です。
このような肝炎ウィルスの主な感染原因は、カミソリ・歯ブラシの共用や、ピアスを自分で行った時、注射器の使い回し、性交渉などがあります。

逆に、握手・くしゃみ・食事・入浴・トイレ・ハエ・蚊などでは肝炎ウィルスには感染しません。

中でもB型肝炎ウィルスの感染経路は、母子感染と性交渉です。
B型肝炎も通常の肝炎と同じで潜伏期間が長く症状がなかなか出ません。

よって、性交渉の相手の悪意がなくても感染してしまう可能性があり、また、あなた自信が知らずに感染源になってしまう可能性があるので血液検査が非常に重要です。


健康診断のここをチェック!

肝臓を気にされている方は健康診断での肝機能のチェックはかかせません。
肝臓機能がかなり低下しないと症状がでない肝臓の機能チェックは血液検査でなら簡単にわかるからです。

血液の中には、肝臓が作りだした栄養素や肝細胞から分泌された酵素など肝臓に関係する成分が何百もあるからです。

特に肝細胞が壊れる血液の中に漏れ出すので、その数値が上がるため一発でわかります。
その数値が、AST・ALTです。
これはどちらとも、幹細胞に含まれている酵素なのでこの値が高いと肝細胞が壊れたことを予測できます。

ただAST・ALTは、風邪・疲労でも高くなるため、体調がすぐれない時行った血液検査の場合、肝臓病の可能性でない場合もあります。

それに比べ、γーGTPは肝細胞や胆汁の中に存在する酵素です。
γーGTPの数値が高いと、肝臓や胆道に障害あることを示します。

特にγーGTPはアルコールの影響を受けやすいのが特徴です。
よって、健康診断のため1週間禁酒する人がいます。
これは、γーGTPがアルコールの影響を非常に受けやすいからです。
よって、頻?に飲酒する方でも1週間の禁酒で数値が適正であればセーフです。

しかし、1週間禁酒したにもかかわらず数値が高い場合は、飲酒した場合はその数値が跳ね上がっていると思って下さい。


 

サイトマップ