タウリンサプリメント

肝臓機能の数値γ-gtpとは?

γ-gtpはタンパク質を分解?合成する酵素のことで、さまざまな臓器に含まれています。肝臓の解毒作用にも関係しており、肝臓や胆管の細胞が壊れると血液中に流れ出てきます。

そのため、血液中のγ-GTPの濃度を調べることで、肝臓や胆管の異常の有無を調べることが可能なのです。

γ-gtpの基準値は、男性50IU/l以下、女性30IU/l以下で血液を採取して調べます。基準値を超えていた場合、アルコール性肝炎、薬剤性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がんなどの病気を疑うことができます。

とくにγ-gtpはアルコールに敏感に反応するので、お酒をよく飲む人は注意が必要です。
健康診断などで異常が見つかった場合には、早期に治療を行うようにしましょう。

 

サイトマップ