タウリンサプリメント

肝臓機能の数値ALTとは?

altはアラニンアミノトランスフェラーゼという酵素です。肝細胞に特化して存在する酵素で,エネルギー代謝やアミノ酸代謝に関わっています。

検査では30 IU/L以下が正常値,31 IU/L以上が異常値です。何らかの異常により肝細胞が破壊された結果,血液にaltが漏れ出します。つまり,数値が高いほど肝細胞が破壊されているということです。異常値の場合,肝炎やうっ血肝障害・脂肪肝・肝臓がん・肝硬変の疑いがあります。また,遺伝による影響も考えられます。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど病気になっても自覚症状が乏しい臓器です。そんな臓器だからこそ症状の有無にかかわらず定期的に検査を受けるように心がけましょう。
alt値を下げるには,休肝日・脂肪の多い食事を控えて肝臓の負担を軽減したり,肝細胞の修復のためレシチン(大豆に多く含まれています)を摂取することが効果的です。

 

サイトマップ