タウリンサプリメント

γGTPの数値と肝臓病の関係

γGTPの51 IU/L以上が異常値となり
γGTPの51〜100になるとアルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝の予備軍となります。

γGTPの数値が100IU/Lを超えてくるとアルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝が進行しています。

さらにγGTPの数値が200IU/L前後の場合、異常な量のアルコールを摂取しているか、胆石や胆道がんの可能性もあります。

正常値ぎりぎりの方から異常値でもまだ薬での治療が不要な方なら今のうちに肝臓機能をアップする努力を行う必要があります。

 

サイトマップ