タウリンサプリメント

肝臓の数値が上がった時何が起こっているのか?

沈黙の臓器である肝臓のSOSを感知できるのは血液検査の結果です。
よって肝臓にトラブルが発生すると肝臓の数値が上がります。

【AST・ALT】の数値の上昇
これらの数値の上昇はAST・ALTの酵素が血液中に増えたことを表します。
この酵素が血液中に増えるということは肝細胞が破壊されると起こるため肝機能の低下を表すのです。

【γGTP】の数値の上昇
この数値の上昇はγGTPの酵素が血液中に増えたことを表します。
この酵素が血液中に増えるということは胆管で作られ解毒に関わる酵素ですので
この酵素が増えたということは肝臓解毒能力に対して酒の量が多いということになります。

【ChE】の数値の上昇
この数値の上昇はChEという酵素が血液中に増えたことを表します。
この酵素が高いと脂肪が肝臓に溜まっていることを示します。
脂肪肝の恐れがあるため注意が必要です。

【総ビルビリン】の数値の上昇
この数値の上昇は黄疸の元となる色素が総ビルビリンですので
黄疸の症状がでてきていることを表しています。


【血清アルブミン】の数値の低下
血清アルブミンは肝臓で作られるたんぱく質です。
この数値が低いということはたんぱく質の生成ができていないことになります。
これは、肝硬変の進行や肝炎の進行を意味する深刻な状態です。


 

サイトマップ