タウリンサプリメント

肝臓が悪い人の入浴方法

入浴は体に水圧がかかります。
温かくなると血管が広がることから心臓にも負担がかかりまるで運動をしたようなエネルギーの消費が起こります。

肝臓の数値が安静な状態が必要な場合には熱いお風呂の長湯は禁止です。
さらに温泉となると様々な効能があるため安静を必要とする数値の場合は数値が下がるまで入らないのが賢明です。

また、肝臓の数値が下がってきた場合でも、温泉に限り、1日に1回まで、2日続けてはいることは避けましょう。

特に、肝硬変や慢性肝炎の方は悪化する場合がありますので気負つけましょう。

 

サイトマップ