タウリンサプリメント

肝臓病とタンパク質

肝臓は傷ついた細胞を再生させる自己回復力があります。
そのために必要な成分原料がタンパク質です。
よって肝臓病の方にかかせない食事がたんぱく質の摂取です。

たんぱく質が不足すると肝機能が回復できないため肝機能低下につながります。
よって、肝臓病の人は1日に80g〜100gの摂取が必要です。

しかし、肝臓が肝硬変まで悪化していると、医者に指示された以上にタンパク質を摂取してしまうと、昏睡状態におちいることがあるので注意が必要です。

又、確かに壊れた細胞の再生にタンパク質はかかせませんが、タンパク質だけ摂取してもダメです。
肝臓を動かすエネルギーはブドウ糖であり主食と呼ばれる米やパンです。

適量の主食も同時に食する必要があります。

 

サイトマップ