タウリンサプリメント

薬の常用は肝臓機能を酷使している

体内に入ってきた薬は肝臓で代謝(解毒化)されます。肝臓には沢山の代謝酵素があり,薬のを担っているのが「チトクロームP450」です。
約9割の薬がこの酵素で代謝されます。

チトクロームP450によって解毒化されることで血中の薬剤濃度が低下し薬の効果がなくなります。
もし薬が解毒化されないと血液中の薬剤濃度が高くなり副作用が出てしまう恐れがあります。そこで体は無条件に解毒作用が働くようになっています。薬を常用すると薬を解毒化しようとこの酵素を大量に使ってしまうのです。

チトクロームP450は薬だけでなく食品添加物や毒物,食品に残留していた農薬や洗剤の代謝にも関わっているため,酵素不足で肝機能が低下してしまうのです。

 

サイトマップ