タウリンサプリメント

喫煙と肝臓

喫煙と言えば、肺を悪くするイメージがありますが、タバコの煙は全身に回りますので、咽頭を通過し食道から胃・腸など、煙が通過している所はすべて毒に侵されていると思って下さい。

そして、煙から溶け出した有害物質は血管を伝って肝臓にも届きます。
有害物質は化学物質なのでもちろん肝臓で分解されます。

タバコに含まれるアセトアルデヒドはアルコールを分解する時に出る有害物質と同じなので、タバコはアルコールと同様の負荷を肝臓にかけているということになります。

だから、お酒を飲みながら一服するのは肝臓にとってはダブルパンチと言ってもいいでしょう。
よって、肝臓病にかかったのであれば、肝臓の負担を少しでも軽くするために禁煙は必要ではないでしょうか?

 

サイトマップ