タウリンサプリメント

肝炎と鉄分の関係

鉄分は臓器各所へ血液が送る酸素を運ぶ役割があります。
よって鉄分の不足は、酸素不足による貧血や疲労などの症状が出ます。

このように大切な働きをする鉄分ですが、肝炎の人は鉄分の摂取を制限する必要があります。
それは、鉄は活性酸素の発生源であり、有害物質でもあるのです。

有害物質ということは、肝臓が解毒作業を行うということで、肝臓に負荷がかかるということになります。
また、摂取した鉄分は肝臓で貯蔵鉄として蓄えられます。
そんな肝臓に蓄えられた肝臓から発生した活性酸素は幹細胞を破壊します。
さらに、肝臓がんの原因にもなると言われています。

肝炎は悪化すると肝硬変になり、肝硬変は肝臓がんになりやすいと言われていますが、肝臓に貯蔵された鉄分の活性酸素も原因となっているのです。

 

サイトマップ