タウリンサプリメント

肝臓病と意識障害

急性肝炎を発症する前に気になる症状がでます。
それは、急激にくるだるさ、黄疸の悪化、不眠、朦朧とした意識という症状がおこります。

肝炎の中でも劇症型肝炎になると致死率が非常に高くなりますので、上記のような意識障害が見えた時点で何等かの手当を行うことが致死率を低下させる方法です。

この意識障害にも3段階あり、軽症の場合は、時間や場所がわかならくなる。
中度になると、眠ったようになりよびかても返事が返ってこなくなります。
重度のなるとほぼ昏睡に近い状態となり、ここまでくると非常に危険な状態です。

肝細胞の復活が厳しくなるため人工肝臓・肝移植という手段しか延命の方法がなくなってきます。

 

サイトマップ