タウリンサプリメント

慢性肝炎と嗜好品

嗜好品と言えば、タバコ・コーヒーお酒などがあります。

まず、タバコですが、喫煙で取り込んだタバコの毒は肝臓で分解されます。
煙を吸っているので影響する臓器は肺のみのような気がしますが、肝臓は解毒作用を行う臓器なので喫煙による肝臓への負担は増加します。

さらに、酒に含まれるアルコールも肝臓で分解されます。
肝臓にかかる負担は増加しますよね。

喫煙者はよくお酒の肴のようにタバコを吸いますが、酒とたばこのWパンチは肝臓を激しく痛めると知っておきましょう。

タバコに含まれるアセトアルデヒドはアルコールと結びつくと毒性が強くなることが研究されているからです。
よって、慢性肝炎の方が酒もたばこも止めることができないと肝硬変につきすすんでいると覚えておきましょう。

コーヒーには肝臓を毒するような有害物質は含まれていませんので適量であれば問題ありません。

 

サイトマップ