タウリンサプリメント

早期の肝臓がん

肝臓は肝炎→脂肪肝→肝硬変→腺腫様過形成→肝臓がんの流れで発症する傾向があります。
それでも、肝硬変はどの部分がいつ癌化しても良い状態なので注意が必要とされています。

常に検査を行うことで、転移の少なく血管への侵入がない細小肝がんを早期で見つけることが早期の肝臓がんを発見することになります。

肝臓がんの予防はウィルス性肝炎への感染予防・急性肝炎を慢性肝炎にしないこと、肝硬変に悪化させないことが重要です。

 

サイトマップ