タウリンサプリメント

肝臓と安静

肝臓病の人は安静にすることを求められます。
特に食後の安静は重要です。
特にGPT/GOTの数値が高い時は摂取した食物を分解するために肝臓はフル活動を行いますので、食後30分〜1時間は安静に横になることで肝臓に血液がいきわたりやすい状態を作ってあげましょう。

ただ、急性肝炎の方は食後30分〜1時間の安静ではありません。
最低でも2時間は横になっておく必要があります。

肝炎になると仕事の量〜運動の量まで制限されてきます。
肝臓の治療には時間がかかる場合もありますので、仕事内容によっては退職せざる負えないという選択もありえます。

ただ、治療がうまくいけば、スポーツができるまでに回復することも可能ですので、まずは1年に1回の健康診断で肝臓の数値をチェックすることで肝炎を予防することからはじめましょう。

 

サイトマップ