タウリンサプリメント

血液検査の重要性

肝臓は自分で再生する力があるため、かなり悪化しない限り症状がでません。
そんな肝臓の健康状態を見る一番の方法は血液検査です。
血液検査でほとんどの状態がわかると言っても過言ではありません。

最近では、メタボリック・糖尿病などの生活習慣病や癌の早期発見のために、市町村をあげて1年に1回の健康診断を呼びかけていますが、肝臓のためにも健康診断を受けることは重要です。

また、肝臓の場合はウィルス性肝炎の保持者である可能性もあります。
以前は肝臓を悪くするのはアルコール性の肝炎が大半であるとされていましたが、実はウィルス性肝炎の方が多いことがわかってきました。

よって、お酒を飲まない・肥満でない・健康体であることを自負している方でもウィルス性肝炎に感染している可能性があるのです。

急性肝炎・慢性肝炎・最悪の肝臓がんを予防するためにも最低でも1年に1回の血液検査を行いましょう。

 

サイトマップ