タウリンサプリメント

肝臓と脂肪

肝臓は自己再生能力がある臓器ですので、壊れた細胞は自己回復します。
しかし、自己回復のためにもその原料となるタンパク質が必要となってきます。

よって、肝臓のためにタンパク質を積極的に摂取することは悪いことではありません。
例えば、大豆のような植物性のものでタンパク質を摂取する場合は問題ありませんが、その調理方法が揚げ物となると脂肪を過剰に摂取してしまうかもしれません。

ましては、素材そのものに脂肪を多く含む肉の場合、その調理方法が揚げ物となると脂肪は過剰に摂取することになります。

脂肪は肝臓で分解されるため、脂肪の過剰摂取は肝臓に負荷をかけることになるため肝臓にとっては良くありません
又、過剰に摂った脂肪で分解できない分は肝臓に蓄積されていきます。
これが、脂肪肝となりますので、肝臓のために積極的に摂取したタンパク質が結果的に肝臓を傷める原因にならないように調理方法や摂取量をきおつけるようにしましょう。

 

サイトマップ