タウリンサプリメント

タウリンの歴史

海に囲まれた環境で生きてきた日本人は古代か魚介類を食してきました。
それを証明するのが全国各地で見つかっている貝塚です。
貝塚は古代人のごみ塚ですが、そこには大量の貝殻が埋まっています。

古代の人々は海から豊富なタウリンを摂取し、大地からは木の実から摂取できる豊富なマグネシウムを食していました。

よって、古代人は粗食にもかかわらず、健康的な食生活だったと言えます。

古代から引き継がれているその食生活は、日本人が諸外国に比べ魚を好むことで、長寿大国と呼ばれる結果をもたらします。

しかし、近年の食の欧米化により、日本人は魚離れがおきています。
その結果が顕著にでているのが、沖縄の男性です。
世界長寿宣言をした沖縄ですが、2000年ころから男性の寿命は全国4位から26位まで順位を落とすことになります。

沖縄は米軍基地があり、食事を機会が外食の多い男性はもろに食の欧米化の影響を受けていることがわかります。特に、脳疾患・肝臓疾患・糖尿病など、食生活がもたらす血管劣化による病気にかかる男性が増えているのです。

このことからも、私たちは健康を維持するためにもタウリンとマグネシウムの摂取は欠かせないことがわかります。

タウリンの歴史関連コンテンツ

日本人が長寿なのはタウリンのおかげ
魚を多く食べる国は日本だけでなく長寿な傾向があります。 中でも日本人は他国と比べてもダントツに魚を ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ